鹿児島の旅

鹿児島に嫁いだ親友の新居を訪ねて、2泊3日の鹿児島旅。
e0179466_12101370.jpg

九州新幹線に乗り込んで、駅弁を食べ終わったらもう鹿児島に着いてました!
あまりにも速すぎて、鹿児島に来たという実感ゼロ。

張り切って2段の豪華駅弁を買ったので、食べるのに時間がかかったというのもありますけども。
「お寿司が食べたい!」とセレクトした駅弁ですが、「味が薄い、味が薄い」と文句を言っていたら
良く見ると「あなごめし」って書いてある。すしじゃなくて、めしだもん。残念。
e0179466_13103224.jpg

まずは、定番の城山公園で桜島にご挨拶。野良猫ちゃんも一緒に記念撮影。
e0179466_1723022.jpg

e0179466_1724387.jpg

その後、市内にあるFUKU+RE cafeに連れて行ってもらいました。
e0179466_17134484.jpg

e0179466_17135964.jpg

鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」をオシャレにアレンジした蒸しケーキが楽しめるカフェ。
どこもかしこもオシャレな雰囲気の店内にテンションあがりまくりでしたが、
特に度肝を抜かれたのがコチラ!
e0179466_17191391.jpg

このトイレ、なぜか階段を登ったステージの上にあるんです。
軽く10畳はありそうな広さで、横は鏡張り!! 全く落ち着けません(笑)
オシャレさにも程があるトイレ、ぜひお試しくださいね。
あ、蒸しケーキも美味でした。

翌日は、妊婦の親友自ら運転して知林ヶ島へ連れて行ってくれることに。
e0179466_17442180.jpg

指宿の近くにあり、干潮のときだけ歩いて渡ることができる無人島。
灼熱地獄の砂浜に、足の甲丸出しで挑んだ私たちは、案の定足をやけどするはめに。
前方から、汗だくで戻ってこられる健脚のみなさんに聞いたところ
「往復50分、島の展望台に登ったら1時間かかるねー」とのこと。
よし、これは勇気ある撤退だと、道の半分も行かないところで断念しました。
もう、昔のようにジャンプなんて浮かれることもできないお年頃…。

指宿では、どえらい広さの高級旅館白水館のなかにあるレストランでランチ。
e0179466_13255934.jpg

e0179466_1326114.jpg

ここには、宿泊客しか入れない(立寄湯不可)というきらびやかなお風呂がたくさんあるそうな。
恨めしそうに覗いていたら、仲居さんたちがご丁寧にお辞儀してくれましたー。てへへ。いつか泊まってみたいものです。

その他、こんなところにも連れていってもらいましたヨ。

◎古い木造寮をリノベーションした共同店舗dormitory428
雑貨やスイーツ、カフェなど、乙女心をくすぐる小さなお店がたくさんです。
3年後には解体が決まっているそうで、残念なことに3年の期間限定なのだとか。

一目で心を奪われたとっても繊細なデザインのピアス↓
e0179466_1333319.jpg

CALICOというお店で見つけました。

好きなデザイン、石の組合せで作ってくれて、お値段950円〜。
ありえなーい。
散々迷って、もともとあったデザインのピアスを少し小さめに作ってもらいました。

私たちがいろいろ話しかけて(旦那さんとの出会いを聞き出したり)いたので、
作業に少し時間がかかったからと「900円におまけします♡」なんて、
「いやいやいや!そんなのありえないですから!」と大騒ぎ。
しかも、壊れたらメンテナンスもしてくれるだなんて。
もう素敵すぎます。

◎アジアの台所 ガジャ
e0179466_13351785.jpg

インド・ネパールカレーのお店。インドカレーはチキンベースか野菜ベースか選ぶことができます。野菜ベースのキーマカレー・辛さは1カラにしてみました。
初めて食べる、クリーミーなインドカレー。辛さに弱い私は、1カラで十分満足ー。
赤ちゃんをおんぶひもで背負った働き者のママ(若い)と、仕事に厳しそうなパパ(若い)のやりとりをカウンターから眺めるのもオツなものでした。

そんなこんなで、鹿児島市に常宿もできたことですし、
これからちょくちょく鹿児島に遊びに行こうと企んでます。
[PR]
by mojikakuhibi | 2011-08-01 17:58 | 旅に出ました