カテゴリ:今日のモジカク仕事( 4 )

スウィーツ三昧

1日中、北九州の端から端までスウィーツ6ショップの取材を敢行して、
もうしばらく甘いものは結構です!なんて、贅沢なことを思った(のもわずか1日)
甘~いお仕事。

北九州スウィーツフェスティバル

こちらの段取りが悪くてハプニング続きだったにもかかわらず、
いつも素敵な笑顔で撮影に応じてくれた、モデルの山本由貴ちゃん。
本当にプロです!!!!

ブログにもしっかり書いてくれてます♪ありがとう!!

すでに甘いものでお腹いっぱいなのに、お昼になるとなぜかお腹が空いたような気分になって、
一緒にがっつりランチを食べてしまったり、まーいろいろ反省する点はあります…。

ずっと「塩、塩味をおくれー」と思い続けていたので、
この日の夕食は、ポテチでした。

肝心の「スウィーツフェスティバル」、個人的には
ドレスデン♪夢の季♪IMURI♪あたりを攻めようと思います~。
[PR]
by mojikakuhibi | 2010-11-14 18:18 | 今日のモジカク仕事

心と身体の筋トレ

「日本舞踊は心と身体の筋トレになるんです」

最近、インタビューのお仕事でお会いした
日本舞踊の師範・藤間裕志朗さんのお言葉でございます。

静かな動きに見えて、実はものすごく体力を使う→身体の筋トレ。
様々な思いや情熱を着物に隠して、表面上では分からないところで
内なる感情を表現する。役柄を通して人の気持ちを思いやるようになる→心の筋トレ。

なるほどです。

日舞の先生なんて、畳のふちを踏もうものならビシーッと扇子が飛んできて
怒られそう…と勝手な思い込みでビクビクしていたんですが、
ところがどっこい。

ものすごくフレンドリーな先生で、日舞に対する先入観が吹き飛びました。
周囲が一瞬にしてぱっと明るくなるという、まさに太陽のようなお人柄。
気が付けば、ものすごいパワーをもらって元気になっていました。

日舞を始めたのが、結婚、出産後の28歳の頃だというのも
すごい。修行期間がとにかく楽しくて仕方なかったというものすごい。

最後にもう一つ、印象的だったお言葉。

「飛んできた球は、とりあえず受けてみる。
それから、どうするか考えてみればいいじゃなーい。
投げてみてもいいし、落としてもいいんだしね」

ちょっぴり堅苦しく考えることが多かった最近のワタクシ。
すっと肩の力が抜けて、その通りだなーと素直に思うことができました。
よかった、よかった。
[PR]
by mojikakuhibi | 2009-12-15 17:40 | 今日のモジカク仕事

本当のオススメ

とあるリサーチのために、初めてのお店を訪れる。
小さなスナック街にひっそりとあるそのお店。
今まで何度か前を通っていたはず。

でも、きっと普通の小料理屋か何かだろうと、あまり気にとめてなかったのだけど…。

ごめん!

結論からいうと、すばらしいお店でした。

カウンター5席、小上がり4席の小さなお店で、
店内は本当に何のひねりもない(失礼!)
うどん屋か小料理屋のような雰囲気。

ランチタイムに偵察に行ったんだけど、
どこにもランチメニューが書いていない。

カウンターに座ってみたものの、「えーっと」と戸惑っていると
「うちはメニューないんですよ。ランチはコースで1800円から。
苦手なものやアレルギーのあるものだけ言ってもらえたら」
とお店の人。

まさかのコース!定食か何かと思っていたのに。
でも、ここは食べずに帰られるものかと、「何でも食べられます!」と
1800円のコースをオーダー。

最初に出てきたのが、このサラダ。
サラダ!?これ1品で充分メイン級なんですけどー。
e0179466_1137161.jpg


ぶりぶりのホタテ、新鮮なイカ、ものすごく濃厚な味のトマト。
どれもこれも感動モノです。
添えられたガーリックトーストは、お替り自由だそう。

次はなぜかチキンの茶碗蒸し風(写真撮り損ねた…)。
和?洋?と不思議に思っていたら、
メインはカジキの鯛ソース。
えーと、えーと、めちゃくちゃ美味しいんですけど!
そしてボリューム満点なんですけど!
e0179466_11422670.jpg

こんな本格的なコースを、この場所で、しかもうどん屋のようなカウンターで、
いただけるなんて、想像もしておりませんでした。

最後は、デザートとコーヒー付き。
e0179466_11442977.jpg


時間があまりないと最初に伝えていたために、
1人小さな厨房でふうふうとやや焦りながら料理を作ってくれたお店の人、
ありがとう…。
最後のデザートを出したとき「あー、緊張したー」と言ってました。

そりゃ、一挙手一動作をカウンターでじーっと見られるのは緊張しますよね。あは。

夜もメニューはおまかせで4000円から。
事前に「こんなモノが食べたい」というリクエストをして予約もできるそうです。

私は何となく「美味しい魚が食べたいなぁ」と思っていたので、
今回のランチメニューは大当たり~でしたが、
ランチも「和風で!」とか「洋風で!」とかの要望を聞いてもらえるのだとか。
素敵!

本当にオススメのお店って、あまり媒体に載せたくないというのが本音でして、
こちらも、今のままひっそりとあり続けて欲しいなぁという願いから、
今回のリサーチ結果は非公表ということで、どうぞお許しを。

八幡西区にお越しの際は、ご案内しまーす。
[PR]
by mojikakuhibi | 2009-07-27 12:05 | 今日のモジカク仕事

裏路地。ぶらり

ここ最近は、webの取材モノが続いてました。
間にインタビュー記事などをはさみつつ、今日はweb取材の原稿締切。

e0179466_12201443.jpg
今年の6月にオープンしたばかりのダイニングバー。
「P3(ピースリー)」というお店ですが、
めちゃくちゃ地元の折尾駅周辺というのに、「どこだ!」と迷いまくり。
堀川から1本裏に入った路地の奥にありました。
隠れ家的な…、いや隠れ家です。

e0179466_12271147.jpg

この界隈は、何とも味わいのある昭和の香りが漂います。
代々続くお店が多く、P3のオーナーも3代目。
初代、2代目と受け継いできたスナックの2階を改装したそうです。
「でも、この場所もあと3年かなー。折尾駅周辺が再開発されるからね」とオーナーさんから
聞いて、切ない気持ちに。

e0179466_1233281.jpg
この昭和枯れススキ的な雰囲気こそ、折尾なのになぁ。
オシャレな街並みになっても、ちっともしっくりこないと思うのは、私だけ??
いや、きっと松尾スズキ氏もそう思うに違いない。
[PR]
by mojikakuhibi | 2009-07-21 12:42 | 今日のモジカク仕事